ペットの葬儀・霊園とは

ペットの火葬の依頼について

ペットとの悲しい別れを経て、ペットのなきがらを埋葬する際に、なかなか自分の力では希望通りの埋葬ができないというのが実際のところです・・・
では、どこに火葬を依頼すればよいのかということについてはまだほんのさわり程度のことしかお話していませんでしたので、ここではそれについて少し詳しくお話しましょう。

 

意外に思われるかもしれませんが、ペットが死亡した際に、その火葬を各自治体に依頼すれば、有料、もしくは無料で対処してくれます。
ただ、基本的には有料であると考えてよいでしょう。
しかし、多くの地方自治体では、ペットのなきがらの火葬(処理)は、「ゴミ」として扱うところが多いです。
もちろん、担当の方には「ペットのなきがら」という認識はありますが、料金体系が、「有料ゴミの処理」と同じ扱いになるなど、行政としての対応になるのが一般的です。

 

そこから先のことは、各自治体によって大きく異なります。
たとえば、ペット霊園に委託している自治体もあれば、自治体独自の「ペット専用炉」で火葬し、遺骨だけ返却してくれるという自治体もあります。
もちろん、(行政処理上)完全に「有料ゴミ」と同じ扱いで、遺骨も返却してくれないという自治体もけっこうあります。
ですから、ペットの火葬を自治体に依頼する際には、まずは各自治体にお問い合わせてして、内容を把握することからはじめましょう。
また、この際に、かならず「ペットの死亡届」を提出するようにしましょう。

ペットの葬儀の重要性

前の項でも少しお話したかと思いますが、あまり知られていないという意味で、ペットの火葬を自治体に依頼するケースというのはあまり多くありません。

 

では、ペットの火葬はどこに依頼することが一般的なのかというと、当然、「ペット葬儀の専門業者」ということになるでしょう。
火葬して埋葬するというだけであれば、「ペット霊園」が対応してくれますし、葬儀まで一手に引き受けてくれるペット霊園も多いです。
もちろん葬儀をしないというケースもペットの場合は少なくないですが、しかし、ペットの葬儀を出すとすると、やはりどうしても専門業者に依頼することになるでしょう。

 

前のほうでも言いましたが、ペットの死というのは、人間の死と比べても、その悲しみは決して小さいものではありません。
というより、人間の死の悲しさと比較できる性質のものではありません。
そのため、人間の死後に比べても、ペットの死後に体調を崩す、精神的に病んでしまう、抑うつ状態になるなどと言ったケースはかなり多いとされています。

 

そこで、「葬儀」という考え方が意外と重要になるのです。
「葬儀」は、もちろんその大義名分として、「死んだ者を供養する」という意味合いが大きいですが、実は、遺された人間の次へのステップのきっかけになる行事(決めごと)であるというとらえ方もできるのです。
人間の場合はほぼ例外なく葬儀が行われますが、しかしペットの場合はそうでもないことから、踏ん切りがつかないまま体調を崩してしまう・・・ということも十分考えられます。